EVENT

国内最大級のオーチャードガーデンをお楽しみください。

国内最大級のオーチャードガーデンをお楽しみください。

北海道の『新ガーデン』定山渓ファームのオーチャードガーデンはもう体験されましたか??

北海道ガーデン街道からは道が外れる230号線沿いにある最新のガーデンそれが定山渓ファームが誇るオーチャードガーデンです。

『オーチャード』とは果樹園の事です。この『果樹園の中にガーデンを作る』という手法はコンパニオンプランツで虫害を防ぎ花を増やす事で果樹が受粉しやすい環境を作る事が目的として行われております。

定山渓の豊かな湧水を抱く当園の土壌で育った12,600株もの花々と林檎やプラム、プルーンなどの秋の果実をつける果樹とのマリアージュを充分にお楽しみ頂けると思います。

お越しの際には便利な無料送迎もございます。(ページ下部参照)

当園のガーデンでは3つのエリアから構成されています。

まずはオーチャードガーデンのメインエリアとなる『フォーシーズンズガーデン』では四季折々の花々が咲き続きます。そして当園を一望できるビュースポットのビューハウスに続く『メドウガーデン』ではグラス系の花々に合わせ林檎の樹も植樹されておりまさに果樹と花のコラボレーションが楽しめます。さらにイコロの森の工藤先生監修により耐寒性の高いバラ達が咲く『ローズガーデン』では秋に実るローズヒップも楽しめます。

そんな素晴らしいガーデンが入園料大人500円(札幌市民割なら400円)のみで楽しめます。
また、秋の果物の果物狩りもご一緒に楽しむ事が可能です。

花々がリレーする雰囲気たっぷりな当園では、「#ガーデン好きなあなたと繋がりたい」そんな想いを込めて日々ガーデナーたちが愛をもって育てております。

フォーシーズンズガーデン
当園オーチャードガーデンのメインエリアとなります

メドウガーデン
ビューハウスに続く小径にあるガーデンです

ローズガーデン
イコロの森工藤先生監修の原種に近いバラが咲くエリアです

綺麗な花たちに囲まれた当園では8月31日までの期間限定で夜のガーデンが楽しめる『ナイトガーデン』も開催中。夜は肌寒くなっておりますが綺麗な星空だってあなたのもの。
そんなガーデンはここだけです。ぜひ当園のガーデンをお楽しみください。


秋の果物プラム狩りも楽しめますよ!
現在の秋の果物は「プラム」です。

<実施内容>
◉『プラム狩り』時間無制限食べ放題スタート!
・入園料は通常どおりです。(札幌市民割適用あります)
・『プラム狩り』時間無制限食べ放題

料金(一般) :大人800円 子供700円
札幌市民割適用:大人600円 子供500円

◉プラムの品種をご存知ですか??

当園にはなんと和製品種、洋品種合わせて9種類のプラムがあります。

・大石早生(おおいしわせ)37本
・サンタローザ 2本
・ハリウッド 10本
・ビューティー 5本
・貴陽(きよう) 3本
・菅野中生(かんのなかて) 52本
・太陽(たいよう)1本
・大石中生(おおいしなかて)21本
・巴旦杏(はたんきょう)7本

の9品種、なんと138本植樹されています。

◉定山渓ファームのプラムの特徴とは??

高級品種が多い!!
市場価格で言いますと。。。大石中生・菅野中生は300g(6個)入りで1,000円程します。太陽は300g(3個)入りで600円程します。
太陽は大玉で見栄えも良く贈答用として頻繁に使われるので生産量は多いのですが、大石中生・菅野中生は品種別における栽培面積も非常に狭く、市場には中々出回らない品種となっていて貴重です。それが食べ放題なんです。

表面についている白い粉(ブルーム)について
ブルームは熟してきた果実に現れてくるものですブルームがついているプラムは食べごろサインです。ほかにも食べ頃のサインとしては果実の色(赤や紫)が濃くなっているものや、手で持ってみて程よい弾力があるものが美味しいプラムとなりますので当園で目利きしてみてください。
それと、皮を剥いで食べる方もいらっしゃいますが、実は皮と実の間に酸味があり皮を剥かずにそのまま食べるのが当園のお勧めです。

なぜ、当園には高級品種がある?
プラムは耐寒性があり標高400メートル真冬はマイナス20℃近くまで気温が下がる定山渓ファームでも安心して栽培できるので菅野中生・大石中生は以前より当園にて大事に植栽されてきました。
この高級品種のプラムが食べられるのは、さくらんぼが終わった今の時期だけですよ。

大石中生と菅野中生、それぞれの特徴は?
大石中生は桃に近い甘さと多汁感が特徴的であり、菅野中生は甘味と酸味のバランスがとれたプラムです。
主に果汁の多さが違い、大石早生は果肉がしっとりしているが、大石中生は食べると果汁が溢れ出してきます。
もぎたてのプラムにかじりついてください!甘みと酸味にやみつきとなること間違いなしです。

なぜ栽培面積(生産数)が少ないのか?
実はこのプラム栽培が非常に難しいうえに鳥獣被害に合いやすいのです。
したがって生産量が少ないのです。また、せっかく実っても扱いが難しく大規模流通には不向きな果物の為、市場にはほとんど出回らない貴重なフルーツなんですよ。

プラム狩りは、いつくらいまで果物狩り出来るのか??
気象条件によりますが、例年は9月10日頃まで出来る予定でおります。

ビジターセンター売店でもパック入りのプラムが並ぶ事があります。
その時期ごとの旬の品種を販売しておる事と、果物狩りのお客様をメインとさせて頂いておる為に売店に並ばない事もありますが、あればラッキー!お土産にお持ち帰りも可能です。

1パック(7個入り)で756円で絶賛販売中!!


当園へのお越しには無料送迎が便利です。

定山渓観光案内所の窓口にて『定山渓ファームへ行きたい』と伝えて頂けますと当園より無料送迎用のハイエースがお迎えにあがります。(乗車定員7名、ピストン輸送です)温泉街から徒歩で来られるお客様も多くいらっしゃいますが早くて便利な無料送迎車をぜひご活用ください。

<観光案内所MAP>

交通機関でも定山渓まで便利に起こし頂けます。(じょうてつバス)


▼ お電話でのお問い合せ
TEL:011-598-4050

▼ アクセスマップ

 

一覧へ戻る
TOP