お知らせ

2016/08/14

★8月14日のイベントの様子★

今日も、灼熱の太陽の下、 

熱いイベントに熱い人達が集まり

笑いあり、涙あり、感動ありの

イベントは盛り上がりました♪

 

子供達の一生懸命な姿は いつ見ても心打たれます。

スタッフもグッとくる場面が 幾度もありました。

家族一緒に、 時を忘れて夢中になれる

何かを 見つけられるって

ステキなことですよね。!(^^)!

 

イベントに参加くださったみなさまから

ホームページに掲載しても良いですよ~と

お写真の提供をいただきましたので

ご紹介いたします。

※お写真を提供くださったみなさま

心から感謝申し上げます。

 

【家族で協力してお宝をさがせぇ~♪のひとこま】

宝探し①宝探し④宝探し②

 

 

【チビッ子餅つき大会のひとこま】

餅つき①

 

 

【体験アクティビティ 釣堀】

1-フィッシャー2-釣って食べるということ

釣り堀という体験アクティビティで

私どもが提供したいのは

釣りそのものを楽しむということのほかに

もうひとつ提供したい「想い」があります。

 

たとえば、釣りを楽しむということは

命というものに向き合うわけですし

釣ったものを食べるということは

命をいただくということです。

食事のあいさつの「いただきます」は

実は、

命をいただきます。という意味が

含まれているそうです。

 

近年は、「食育」というものが

盛んに 色々な場所で見聞きする

機会が多いと思います。

 

定山渓ファームでは

 釣り堀という体験を一部、

食育の活動と捉えています。

 

もちろん、食育の先生は、

お父さんお母さん

おじいちゃん、おばあちゃんになります。!(^^)!

 

 

家族で行う釣堀という「遊び体験時間」の中で

 子供たちに、

「自分で釣る→釣ったものを食べる」といった行為。

それはすなわち食物連鎖であり、

「絶えることのない命のリレー」であることを

釣りという遊び体験で、

かけがえのない子供達の

大切な成長期間に

寄り添うようにして、そっと伝えられる

良い機会になれば。。。と

定山渓ファームは、微力ではありますが

そういう場を提供したいと願っております。!(^^)!

新着記事

TOPへ